スポンサーサイト

2016.07.07 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    紫外線について

    2015.08.06 Thursday

    0
      JUGEMテーマ:健康

      連日の猛暑ですが、皆様お体の調子はいかがでしょうか?

      今回は、この紫外線について取り上げたいと思います。

      ─・──・──・──・──・──・──・──・──・──・──・─

      ★ 紫外線について ★

      ─・──・──・──・──・──・──・──・──・──・──・─
      紫外線ってどんなもの?

      紫外線は ultraviolet rays (ウルトラバイオレット レイズ)の
      頭文字をとって「UV」と呼んでいます。

      紫外線は太陽光の中で強いエネルギーを持つ光で、波長の長さによって、
      UV-A、UV-B、UV-Cの3つに分けられます。

      UV-AとUV-Bの一部がオゾン層を通過して地表に届きます。
      UV-Cはオゾン層は通過しません。


      ─・──・──・──・──・──・──・──・──・──・──・─

      ★ 紫外線A(UV-A)と紫外線B(UV-B)が皮膚に与える影響 ★

      ─・──・──・──・──・──・──・──・──・──・──・─

      UV-Aは、波長の長い紫外線で、UV-Bに比べるとエネルギーは弱いのですが、
      皮膚の奥深く(真皮層)まで届きます。
      長い間浴び続けていると、皮膚の弾力繊維(コラーゲンやエラスチン)に
      ダメージを与え、シワやたるみを引き起こす原因となります。

      UV-Aは1年中、また波長が長いため雨、曇りなどに関係なく
      地表に降り注いでおり、ガラスも通過して、
      生活の中で無意識に浴びているので<生活紫外線>とも呼ばれます。

      *紫外線A(UV-A)は真皮のコラーゲンを切断し、エラスチンを変性させる。

      シワ・たるみの原因(肌の光老化)

      UV-Bは、波長の短い紫外線で、日焼けを起こすエネルギーが強く、
      浴びた直後から肌の表面(表皮)に急激に作用して、
      肌が赤くなる炎症(サンバーン)を起こし、シミやソバカスなど、
      肌の乾燥の原因になります。美容に悪影響があるだけでなく、
      免疫力の低下、皮膚がん、白内障などの病気と深く関わっていることも
      分かっています。

      UV-Bは夏場の晴天時に最も降り注ぐので、<レジャー紫外線>とも呼ばれています。

      *紫外線B(UV-B)は、UV-Aと違いお肌の表皮までしか届きませんが、
      その有害性は、UV-Aの100?1000倍強いとされています。

      シミや肌の乾燥、免疫力の低下、皮膚ガン、白内障などの病気の原因

      人は紫外線から体を守る機能を持っています。それがメラノサイト(色素細胞)です。
      しかし、大量に紫外線を浴びることでメラノサイトが活性化しすぎてメラニン色素が
      過剰に生産されるのです。そのためシミの原因となるわけです。

      しかしながら、肌はまた、修復する力を持っていて、受けてしまったダメージを
      取り返せますが、修復のスピード以上にさらに紫外線を浴び続けると、
      肌は回復できず、常に影響を受けた状態となるわけです。

      この積み重ねが、5年後、10年後に大きなシワやシミという形で表れてくるのです。

      ─・──・──・──・──・──・──・──・──・──・──・─

      ★ 有害紫外線が体に与える影響 ★

      ─・──・──・──・──・──・──・──・──・──・──・─

      紫外線を浴びることによって活性酸素が発生するので、
      日光を浴びるだけで私たち人間は疲れを感じやすくなります。

      また、有害紫外線は免疫力を低下させ、外部からの異物に対して
      無防備な状態となり、『感染症』にかかりやすくなってしまうことも
      分かっています。

      紫外線を大量に浴びることによって最も懸念されているのが
      『皮膚ガン』への影響です。

      特に若いうちに紫外線を浴びれば浴びるほど皮膚ガン発症率が
      高くなるだけでなく、発症する年齢も早くなることが分かっているので、
      子供のうちからいかにして紫外線対策をするかが、
      皮膚ガンを防ぐ大きなカギとなるのです。

      そして、夏場の晴天時に最も降り注ぐ紫外線B(UV-B)を浴びないように
      することが皮膚ガン予防に繋がるのです。

      ご家族で夏のレジャーにお出かけの際は、お子様たちの
      紫外線対策をしっかりとして出かけましょう!


      ─・──・──・──・──・──・──・──・──・──・──・─

      ★ 紫外線の防ぎ方 ★

      ─・──・──・──・──・──・──・──・──・──・──・─

      ●日焼け止めを塗りましょう。
      普段の生活にも「マミーサンゴUVメイクベース」を塗って紫外線を防ぎましょう。

      ●外出時には日傘をさし、黒っぽい服や長袖を着用しましょう。
      白っぽい服は紫外線を通しやすいので、
      なるべく夏場でも黒っぽい服がよいのです。
      白っぽい服でも繊維に紫外線防止加工を施したものならよいでしょう。

      ●帽子やサングラスを着用しましょう。
      帽子で約20%、UVカット機能付きのメガネやサングラスで
      約90%紫外線から目を守ることができます。

      ●ご家族での海や山のレジャーには、
      大人の方もお子様も水着の上から「ラッシュガード」を着用しましょう。
      また、水面から上がっている時は日陰で休んで、直射日光が当たらないよ うに 帽子やバスタオルをはおり、日焼け止めをこまめに塗りなおしま す。

      ★ 紫外線対策先進国オーストラリアの取り組み ★
      皮膚ガン多発国のオーストラリアでは、スローガンを掲げ、
      紫外線対策に積極的に取り組んでいます。

      <スローガン>
      Slip スリップ・・・長袖を着る
      Slop スロップ・・・サンスクリーン剤を塗る
      Slap スラップ・・・帽子をかぶる
      Wrap ラップ・・・・サングラスをかける


      ★ ご存知ですか? ★
      1998年、母子手帳から「日光浴」の記載がなくなりました。
      人は生まれてから18歳までに、生涯浴びる紫外線の50%以上を
      浴びてしまうといわれています。
      幼少期からの紫外線対策が必要です。


      ─・──・──・──・──・──・──・──・──・──・──・─

      ★ 紫外線を浴びると活性酸素が発生! ★

      ─・──・──・──・──・──・──・──・──・──・──・─

      紫外線を浴びると体内で活性酸素が発生します。

      この活性酸素は人間の健康、美容にとって大敵となります。

      また、活性酸素が発生すると疲れを感じやすくなるのです。

      日差しの強い日中、戸外にいるだけで疲れるのはそんな訳があるからです。

      そこで、発生した活性酸素を抑えるためにはどのような

      食物(栄養素)が効果的なのでしょうか?


      ★ビタミンB群
      ビタミンB群は美容に効果的な栄養素です。
      特にビタミンB2は健康な皮膚や髪の毛を作り、粘膜を健康に保ちます。
      ガン予防にも効果的だとされていますので、
      皮膚ガン予防にも効果的な栄養素だと言えますね。

      <ビタミンB群が含まれている食品>
      レバー・肉類・卵・魚介類(いわし・、まぐろ・さけ・かつお・さば・しじみ)・大豆(納豆)・乳製品・緑黄色野菜

      ★ビタミンC 
      ビタミンCには抗酸化作用(発生した活性酸素を除去してくれる作用)

      が期待できるので、紫外線を浴びて 発生した活性酸素をやっつけてくれ、皮膚ガン予防にも効果的な栄養素です。

      またビタミンEの働きにもビタミンCは欠かせないので、ビタミンEを摂取する時は同時にビタミンCも摂ることが大切なのです。

      <ビタミンCが含まれている食品>

      果物類(オレンジ・レモン・みかん・キーウィ・いちごなど)

      野菜類(ブロッコリー・ほうれん草・ピーマン・キャベツ・じゃがいも・さ つまいもなど)

      ★ビタミンE
      ビタミンEはビタミンC同様、活性酸素を除去してくれる
      代表的な抗酸化作用がある栄養素で、お肌の美容には欠かせない栄養素で す。またビタミンCはビタミンEの吸収を助けてくれるので、ビタミンEを摂 るときはビタミンCと一緒に摂ると効果的です。

      <ビタミンEが含まれている食品>
      大豆(大豆油)・植物油・小麦胚芽・玄米・胚芽米・ごま・ピーナッツ・ア ーモンド・鶏卵・魚介類(うなぎ・たらこ・さんま・たい・うに)・ほうれ ん草

      このように見るとやはり野菜、果物類などを中心とした食生活が
      紫外線対策だけではなく、美容、健康に非常に効果的だということが
      分かります。

      もちろん美容、健康に良いからといって同じ食品ばかりの
      食生活はよくありません。最も大切なのは偏った食生活ではなく、
      バランスのとれた食生活です。そして腹八分の食生活が理想なのです。

      ─・──・──・──・──・──・──・──・──・──・──・─

      ★ 酵母原液で活性酸素を除去! ★

      ─・──・──・──・──・──・──・──・──・──・──・─

      ご紹介したバランスのとれた食生活にぜひプラスしたいのが、
      酵母原液です。

      酵母は、微小な体にもかかわらず、私たちの健康にもたらす効能は
      無限と言っても過言ではありません。

      酵母の体内に持つ、千数百種の酵素の働きで物質の合成と分解(代謝)
      を休みなく続けているのです。

      また、酵母はビタミンB群の宝庫でもあるのです。

      「アミノン酵母原液」は10種類の酵母と限定した新鮮な果汁と
      野菜の有効成分を取り出したもので、
      抗酸化作用があり、活性酸素を除去してくれます。


      紫外線を浴びて発生してしまった活性酸素を除去し、
      免疫力を強くしてくれます。

      免疫力がアップするので、紫外線にさらされて
      疲れやすくなった体が、疲れにくい体になります。    

      紫外線対策はもちろん、夏バテ予防にもなる酵母原液で、
      この夏の紫外線と厳しい暑さに負けない体にしましょう。

      酵母原液紹介ページ  http://henderson.jp/?pid=17320515